Page: 1/6   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
ひるがの高原 「建売ログハウス」の紹介です
建築中の建売ログハウスが完成間近です。
フィンランドから直輸入の角型ラミネートログです。
ログハウスの材料は木なので、割れたりねじったりします。
しかし、このラミネート材は割れにくくねじれにくい特徴があります。




広い庭はDIYで…
構想がどんどん広がる楽しみがあります。

景色も開けた場所にあります。
寒冷地仕様のログハウスはあまり見学できる機会がないと思うので、
ご興味があれば見てもらいたいです。

山明不動産 | 12:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ひるがの高原スキー場隣接、貸別荘まもなく完成です
ひるがの高原スキー場に隣接している場所で建築中の
“和み舎ひるがの”の貸別荘の大工さんの工事がもうすぐ終わります。

ここは、1階で室内のBBQスペースなんです。
床はタイルを貼って、板張りの部分は茶色の塗装をします。


2階のリビングです。

ここはロフトです。
これから、クロス屋さんがクロスの下地工事(パテ工事)を始めてくれます。


写真で見るとそんなに大きく見えないかもしれませんが、
最大30名まで宿泊できる大型の貸別荘なんですよ。
和み舎ひるがの:http://www.nagomi-ya.jp/hirugano/villa/villa_bettei.html
12月の中旬には完成します。

 
山明不動産 | 08:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ひるがの高原スキー場横 別荘建築中です
ひるがの高原スキー場に隣接していて、国道156号線沿いの
場所に建築中の別荘(貸別荘)の工事が進んでいます。



今大工さんが内装の造作をしています。
来週以降から外部のトタンサイディングの工事も始まります。

1階です。

2階です。

ロフト部分を下から写しています。

大工さんの工事が11月いっぱいで終わって、
12月中旬には完成予定です。内部工事ではユニットバス・らせん階段
が近日中に入って、工事が進んでいきます。

この別荘が建っている奥の土地は分譲中ですので、
ご興味があればご連絡いただければと思います。


 
山明不動産 | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ひるがの高原スキー場横 別荘棟上げしました
ひるがの高原スキー場に隣接する場所に建築している別荘の棟上げが終わりました。
在来工法で、外壁は3面がスパンサイディングで

正面1面が羽目板のたて張りになる山小屋というよりはスタイリッシュな別荘になります。



完成は12月中旬です。
ひるがの高原スキー場横で国道156線沿いなので
ご興味があればぜひ見学をしてみてください。




 
山明不動産 | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カントリースタイルのログハウスの特徴を紹介します
ひるがの高原に建築中のフィンランドから直輸入の
カントリースタイルのD型ログハウスの特徴をご紹介したいと思います。

まずは、キッチンです。キッチンを特注の木製キッチンにしました。
合わせてキッチン前のカウンターも造作しました。
塗装前

塗装後

薪ストーブコーナーには薪入れをも作りました。
ログハウスの壁はセトリングで下がってくるので、くっつけてしまうと
割れてしまうので、薪ストーブ用の壁はログ壁とは切り離して作っています。
製作中

完成後

洗面台も市販の洗面化粧台ではなく建具屋さんに特注で作ってもらいました。


トイレの手洗いも住宅メーカーでは売っていない洗面ボウルを採用しました。
また、洗面ボウル下にはトイレットペーパー入れを作りました。

春から建築しているこのログハウスも間もなく完成します。
 
山明不動産 | 07:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
“寒冷地仕様” 建売ログハウス見学会やっています 
ひるがの高原の国道156号線沿いにある出光のガソリンスタンドから
2分ほど車で行ったところにある“寒冷地仕様 建売ログハウス”の見学会をやっています。

外部は完成して、内部も大工さんの工事が終わり、
今は電気屋さん、設備屋さん、建具屋さんが工事を進めています。


リビング側からの写真です。
レンジフードの下のキッチンは特注の木製キッチンになります。


まだ畳が入っていませんが、6畳分の畳部分と
リビングがつながっている1階スペースになります。

ウッドデッキに出れるはき出し窓が2か所あって、
窓が多いので室内がとても明るく、外の景色を眺めることができます。


“寒冷地仕様のログハウス”はログハウス展示場では見れません。
高原の別荘に興味のある方には参考になると思うので、
ご興味があればぜひ見学してみてください。

 
山明不動産 | 07:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
もうすぐ棟上げ 基礎工事終わりました。
ひるがの高原スキー場隣接地に建築中の別荘の
基礎工事が終わりました。仮設足場も20日に架けられる予定なんです。


「別荘にしては基礎の高さが低いのでは」っと思わるのではないでしょうか。
高さが90僂良朶霑辰埜紊ら基礎の中に土間をうってた仕様になっています。
地面から出ている基礎の高さは約60僂任后

この基礎高でも大丈夫な理由は2つあります。
‖瀛盟颪箸靴突用するので、常時除雪をおこなうから。
軒(屋根の端が壁から外へ突き出た部分)が高い位置にある家なので、
 屋根から落ちた雪と屋根の雪がつながって家を壊してしまう心配がないから。

ひるがの明野高原エリアの別荘は一般住宅のように総階2階建てではなく、
1階の天井の高さから軒が出てくる作りばかりなので、地面から軒までの高さが
一般の住宅よりとれません。なので、屋根からの雪が落ちるとそこが大きな雪山になり、
屋根の雪とその雪山がつながってしまうことがあります。
そうなると、雪に屋根が引っ張られて軒部分が折れてしまうことがあるんです。



これは、建物入口の階段部分にコンクリートをうっているところです。
木で階段を作ってもいいんですが、雨や雪にさらされて腐りやすいですし、
基礎が低いので段数が少ないのでコンクリートの階段にしました。

タイルを貼って仕上げることになります。
20日に仮設の足場を架けて、25〜27日当たりに棟上げを行います。
 
山明不動産 | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
除雪がしやすいように駐車場の舗装工事しています
今日は駐車場の舗装工事をやっています。
駐車場の舗装をする最大の利点としては、重機で駐車場の除雪がしやすいので、
きれいに雪をどれることができるということです。

別荘地の除雪作業は原則道路部分だけなので、駐車場部分はご自身で
除雪していただくことになっているのですが、平日の時間があるときや、
前もってご連絡をいただいたときはついでに駐車場の除雪もやっています。

その際、雪を押し込めるスペースがあり平坦な駐車場ですと、下が砕石でも重機で
雪を押して除雪できるのですが、勾配がきついと下の砕石や土も削ってしまったり、
重機が入りにくいので除雪が難しい場合があるんです。

そんな駐車場が舗装してあると、舗装に沿って雪を押し込めるので、
除雪がしやすく、きれいに雪をどけることができるんです。

「別荘地にアスファルト舗装は…」と嫌われる方もいますし、
もちろん予算のかかることなので、別荘全体からしても、
アスファルト舗装をされている件数は非常に少ないのですが、
コンクリート舗装よりも安く済みますし、平坦に近い駐車スペースを
取りにくい場合は草も生えなくなるので検討されるといい方法だと思います。



工事屋さんに駐車場からの階段も作ってもらいました。
枕木を使った感じのいい階段ができたと思います。


 
山明不動産 | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
左官屋さんの仕事風景です
間もなく完成のフィンランドから直輸入のカントリースタイルのD型ログハウスで
左官屋さんが工事を進めてくれています。
最初に始めた、玄関タイルの工事は終了しました。


キッチンのIHクッキングヒーターの油とび用のタイルも貼ってもらいました。
簡易的に見えるかもしれませんが、壁がログ材なので横積みされているログ材は
1段あたり約1ミリは縮んで壁が下がってくるので、がちがちに接着していないんです。

キッチンパネルを貼るときには、ログ壁とは別に壁を作ってそこに貼ることで、
壁が下がるセトリングの対策をします。しかし、今回はログそのままの良さが見えるように
油とびは30センチ角のタイルを並べて貼ることにしたんです。

今は薪ストーブの煙突のレンガ貼りを職人さんが2人入って工事してくれています。


今地元の左官屋さんはもともと数も少ないんですが、
とてもみなさん忙しいみたいなんですが、2人も工事に入っていただいて大変ありがたいことでした。

残りの工事は掛け持ちの現場の間をぬって今週中に入ってもらう予定です。
そこで薪ストーブコーナーが完成すると左官屋さんの工事は終了となります。


 
山明不動産 | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
建売ログハウス 大工工事もうすぐ終わります
ひるがの高原に建築中の建売ログハウスの大工工事が今日いっぱいで終わります。
前にお話ししたことなんですが、ウッドデッキのポストも
直径20cmの丸形のポストに交換しました。

1階部分はまだ材料などが残っていますが、
このような感じに仕上がっています。


こちらは玄関奥の収納スペースです。
床が半分玄関とつながったタイル仕上げになっているので、
スキー・スノボ帰りに便利だと思います。
棚左側にはパイプハンガーが付きます。

2階の寝室は2部屋に分かれています。


今日はウッドで木からの景色を紹介します。
中央に山々が見えると思いますが、山の下がひるがの高原スキー場です。

建物前に庭には木々が生い茂っています。

写真ではわからないんですが、大日岳にある高鷲スノーパークのゲレンデが見渡せます。

敷地の境界あたりからログハウスを見た景色です。
木々に囲まれた寒冷地仕様のログハウスに興味があればぜひ見てみてください。

 
山明不動産 | 07:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ページの先頭へ